ビットコインでよく聞くウォレットって何?使い方は?

ビットコインの仮想通貨を始めるとき、インターネットなどで調べてみるとウォレットという言葉を目にすることも多いです。
初めてビットコインを始める人の場合は、このウォレットという言葉をみて意味が分からないという人も多いのではないでしょうか。
そこで、ウォレットとは何なのか、使い方などをご紹介していきたいと思います。

・ビットコインでよく聞くウォレットって何?
ビットコインでは「ウォレット」という言葉がよく使われています。
ウォレットというのは取引所で購入したビットコインを保管する場所(サイト)のことで、ウォレットを使うことでより安全にビットコインが利用できるようにします。
仮想通貨を保管する場所というのは取引所やウェブウォレット、ソフトウェアウォレットやハードウェアウォレットなどで行え、セキュリティがもっとも高いのは取引所です。
セキュリティが高いとはいえ、最近では国内のビットコインを対象とした詐欺被害も出ていて、取引所が用意しているウォレットを使って保管しておくとハッキングにあったときに危険です。

・ウォレットの使い方は?
もっともセキュリティの高い取引所を利用しても、ハッキングの可能性があるということで安全に利用できないのではないかと考える人も少なくありません。
しかし、ウォレットを上手く活用すれば自分でセキュリティをあげられ、安全に利用できるようになります。

その使い方としては2つのウォレットを使用するというもので、取引所を利用する場合はもう一つのウォレットを使ってハッキングのリスクを抑えるのがおすすめです。
ビットコインを利用している人の中には、すでに2つのウォレットを使用している人がたくさんいて、ビットコインだけでなく秘密鍵も守るという手法を行っています。
秘密鍵を守ることで保管しているビットコインを守れるようになり、取引所自体がハッキングされても自分のビットコインを守れるようになります。

ウォレットという業界用語を聞いてしまうと難しいイメージがついてしまいますが、考え方としてはとてもシンプルなことです。
2つのウォレットを使用する場合は取引所とソフトウェアウォレットを活用するのが一般的で、自分のスマホやパソコンにソフトウェアをダウンロードして使うという使い方になります。
この方法であればパソコン自体がハッキングされたり、ウイルスが入らない限りは勝手にログインされて送金されるというリスクを軽減できます。