スマホでビットコインのやり取りをする場合の手順と使い方

初心者でも利用しやすい取引所はコインチェックです。
コインチェックは送金をするときもスマホのアプリを使えば簡単に行えますよ。
そこで、コインチェックのスマホを使った送金の手順についてご紹介していきたいと思います。

・まずコインチェックのアプリを取得する
コインチェックでビットコインを利用した場合、スマホのアプリをダウンロードしてスマホからも操作ができるようにしておきましょう。
スマホのアプリを利用する場合は、事前にコインチェックのアプリをダウンロードしておき、アカウントを持っている場合は「すでにアカウントをお持ちの方はこちら」をタップします。
その後、コインチェックにメールアドレスとパスワードを使ってログインをタップして、2段階認証を設定している場合はパスコードを入力し「認証する」をタップし、Authenticatorで6ケタの番号を入力するとスマホでもアプリでビットコインを利用できるようになります。

・スマホでコインチェックアプリを使用し送金するときの手順
スマホのコインチェックアプリから送金をするときは、左上の操作画面から「送金」をタップし、宛先に送金する相手のアドレスをコピペで入力、またはQRコードを入力する場合はQRコードを読み取ってから送金を行います。
アドレスが間違いないかを確認し、送金したいBTCを入力して右上の「送金」をタップします。
「送金に成功しました」と表示されたら、送金が完了となります。
送金した取引履歴が見たい場合はアプリのメニューに戻り、取引履歴から送金したBTCを確認できます。
初心者の場合はコインチェックのアプリを使った方が表示が分かりやすいので、自分がどれだけのBTCを送金したのかすぐにチェックできます。
また、スマホを利用すればよりコインチェックの利用が簡単になり、シンプルで扱いやすいのでおすすめですよ。

スマホからコインチェックを利用する場合は、ログインをした後に送金をするという流れになります。
アプリでは送金以外にもビットコインを受け取ったり、総資産の確認、ビットコインの購入や売却などの使い方も出来ます。
また、日本円で入出金をしたいという場合も簡単に行えるので、コインチェックの取引所を利用している場合はスマホのアプリも利用できるようにしておくのがおすすめです。
カードで購入をしたい場合は、クレジットカードの情報を入れておくことでわざわざ入金をしなくても、操作一つで簡単にビットコインを購入できるようになります。